もらんの考えごと

等身大の私の「いま」を気の向くままに。

Q.ノンセクでもパートナーはつくれる?③ ーぶっちゃけアプリの使用感

時間があるので、またまた更新!

 

今回はノンセクシャル自認前と比べた出会い系アプリの使用感を正直レポします!

 

〈目次〉

 

 

ーーーーー

〈登録したアプリについて〉

本編の前に!

私の場合、ノンセク自認前と後で登録しているアプリが違います!!
というのも、前回の記事でお伝えした通り、自認後はマッチングアプリ登録前に下調べして、ノンセクシャルのタグ付けができるアプリに登録しました!

今回のパートナー―探しの目的は

の2つだったので、ノンセクシャルの登録者を一気に探せること、自分もアピールできることを最重要視しました👀

 

 

〈ノンセク自認前 ~若さは武器!?~〉

ノンセク自認前、大学2~3年生のころにこちらも某有名マッチングアプリを使っていました。

周りの勧めのもと、他撮りの顔写真をあげて名前はニックネームで登録。
1日少なくても5~10件のいいね!をいただいておりました...笑

若さと顔写真、かつ首都圏在住という条件が功を奏したのか、メッセージもよくもらったし、自分から探すというよりは、声をかけてくれた人のなかから自分に合う人を探す感覚でした。

 

とはいえ、やっぱり赤の他人と実際に会うのはハードルがエベレスト急に高く...。
半年ちょっと使って、実際にお会いしたのは2名でした!

会う前には2週間以上毎日メッセージのやり取りをし、学歴や家族構成が近い方、趣味が合う方を厳選していました笑

ですが、もともとメッセージをやり取りするのが苦手な私にはこれもまあストレスで!
たくさんメッセージをもらってもなんとなく合わない、という理由で勝手にフェードアウトもよくしていました(ごめんなさい...)

 

〈ノンセク自認後 ~やっぱりノンセクは少ないけど...~〉

こちらは1か月ちょっとやってみての感想ですが、ノンセク自認している方と繋がるのはめっちゃ難しいです...!!

私もしかり、そもそも恋愛の優先度が低い方が多いのか、出会いがないからか、登録していても最終ログインは3か月前、みたいな方も多い!
男性は登録だけでも課金制なので、よりハードル高いですよね~

 

10月現在、ノンセクの方とは計3名マッチングしました!
うち1名とはLINEを交換し、実際に会う予定を進めています。

なので、結論ノンセクは少ないけど実社会に比べればかなりつながれると思っています!

 

その他にノンセクであること、性的な接触は絶対にできないと明記したうえで「いいね!」してくださる方も結構います。
もちろん自認前よりは圧倒的に少なく、私の場合は1週間で1~3件ほどです。

今のところそういう方にノンセクについて触れられたことはないのですが、私としてはちょっと不安要素もあり、こちらはなかなか親しくなれずにいます...。

この辺りは今後もうちょっと様子を見ていきたいですね!!

 

ーーーーー

 

今回はノンセク自認前と後のマッチングアプリ使用感を書いてみました!

実は有名マッチングアプリ以外に、セクマイ向けのマッチングアプリも登録してみたのでこちらについても今後書きたいな~!

まだ無料会員で、正直進展ほぼなしなので、ネタが溜まったら書こうかな!

 

今後もなるべく記録を残していく所存なので、よかったらコメントやいいね、よろしくお願いします♪

 

Q.ノンセクでもパートナーつくれる?② ーパートナー探し準備編

忘れないうちにちゃんと言語化しておきたくて、間を置かずに更新~!!

 

今回はノンセクシャルの私のパートナー探し準備編を書いていくよ!

 

〈目次〉

 

ーーーーー

〈Step.1 パートナー探しの手段を考える〉

一般的な?パートナー探しといえば
①職場や趣味界隈 ②合コンや友人の紹介 ③出会い系アプリ
の3つかなと思っています。

 

では、周りにカミングアウトしていないノンセクの私の場合は?といいますと、

①職場や趣味界隈 ②合コンや友人の紹介
→カミングアウトしてない&したくない時点で、出会う相手がノンセクへの理解が十分である可能性は低い。あとから説明するにしても自分にも相手にも面倒な結果になる可能性が高いため△

③出会い系アプリ
→事前にカミングアウトして理解のある人だけ親しくなれる。または同じセクシャリティの人とつながることもできるかも...?

ということで、これはもうアプリ一択だな!と。

 

〈Step.2 Twitterでセクマイ垢を作る〉

ただアプリを始める前に、まずはノンセク界隈の情報収集が必要だと思いました。

というのも、自分も自認したてで、「ノンセク」の幅広さがわかっていない&ほかのノンセクさんのパートナー探し事例を知りたい!と思ったのです。

ということで、まずは6月からほとんど使っていなかったTwitterの趣味アカウントをセクマイアカウントに一新し、ノンセクはじめセクマイさんと繋がることにしました!

 

結論から言えば、とにかくセクマイ垢は本当に始めてよかった!!
ノンセクシャルのなかでも結婚や子ども、パートナー希望の有無は本当に人それぞれだし、自分はどういうタイプなのかもうっすらと理解することができました。パートナー探しの苦労も「わかるわかる!」と共感の嵐!!

 

あとはパートナーさんがいるセクマイさんのつぶやきを読んで、
セクマイでもパートナーを欲しいと思っていいんだ!
パートナー探しのハードルは高いけど、うまくいっている人もいるんだ!

と知れたことも大きな収穫です。

とはいえTwitterでは現時点でパートナー探しまでには至れておりません!!笑

 

〈Step.3 有名出会い系アプリを始める〉

セクマイ界隈でも一般的な出会い系アプリから、同じセクシャリティの方と出会っている方も多く、これは始めるっきゃない!と思いました。

私は某有名アプリに登録しているのですが、自分の趣味登録のなかになんと「ノンセクシャル」があるんです!これでノンセク男性は一気に探せます!(とはいえかなり少ないです...笑)

これはノンセク自認前にアプリ使っていた時にはまったく知らなかったので、驚き!

あとはノンセクという言葉を知らない、自認できていないけど実は...という隠れノンセクさんもいるだろうと思い、「スキンシップが苦手です」というタグも登録してみました。

極めつけは自己紹介
ノンセクといってもいろんなタイプがいるので、自分の理想のパートナー像や、どんなスキンシップが無理なのかをさくっと書いてみました♪

 

ーーーーー

これでノンセクさんや、隠れノンセクさんと出会う準備は万端(!?)ということで、今回はここまで!

次回はノンセク自認前と自認後のアプリ使用感比較を書いていきたいと思います!

 

Q.ノンセクでもパートナーはつくれる?① ー恋愛?遍歴・パートナー探しきっかけ編

またブログ更新あいてしまった...

ま、今日こうやって書こうと思えてるからいっか!!笑

 

今日は今年9月からの私のパートナー探し経過報告第1弾!
恋愛?遍歴・パートナー探しきっかけ編!

ひとまずは自分の記録用に書くぞ~👍

〈目次〉

ーーーーー


〈恋愛?遍歴〉

  1. 中学・高校 恋愛はファンタジー時代
    女子校のため、恋人がいるなんて超珍しい!環境。
    恋人どころか出会いもないし、なんなら30代後半の既婚者先生にガチ恋してたという黒歴史...w周りも自分も恋愛はドラマとかの世界の話で、現実では興味ない感じだった!

  2. 大学1~2年生 恋に恋しまくり時代

    小学校以来の共学にテンションが上がり、バイト先、同じ学部の男の先輩に片っ端からキュンキュンしてたwこれもまぁまぁ黒歴史w

    2人くらい自分からガンガンアタックしたけど、告白前に熱が冷めて結局告白まではいかなかった...

    あとは友だちの誘いで合コンにも2回参加したな~懐かし...

  3. 大学3~4年生 周りにおいていかれたくない!時代

    一通り恋愛への興味が消えた時期。きっかけは何だったんだろう...

    ずっと恋人なしだった親友に初カレができ、血迷って男性紹介してもらったこともあった。そもそも大学が女子9割!みたいなところだったので、アプリも割と主流で私も一時期やっていたw

    この時期は後輩しかり、男性との2人で出かける機会はそれなりにあったかな。

    とにもかくにも恋愛に興味はないけど、周りについていきたい一心で本気で彼氏が欲しかった!

  4. 社会人1年目 ←今ココ
    恋愛でマウントとるような人も周りから消え、友だちにも「もらんは恋愛しない人」と認識されたことで、恋愛話を無理に聞かれることもなくなり、焦りも消えた!

    一方で自分はノンセクシャルというセクシャルマイノリティだと自認したことで、これまでと違う意味で将来のパートナー探しをしてみよう!と一念発起

〈パートナー探しを始めたきっかけ〉

きっかけは

  1. ずっと一人はイヤだ!
  2. セクマイでのパートナー探しは難しそうだし、早く始めるべきでは!

と思ったこと。シンプル!!w

未だに恋愛感情とは??っていうのが自分の中では明確じゃないんだけど、家族への特別な愛情は明確に持っています

恋愛とは違うかもしれないけど、家族への想いをほかの人にも持ちたい、誰かにイチバンとして大事にされたい、っていう気持ちはあるなぁと自覚してから、「ならやっぱりパートナーだな!」と思いました。

 

あとは、思っていた以上にセクマイはしっかりマイノリティで、少ないと知ったことも大きなきっかけ。
少ないならなおさら見つけるのに時間がかかるだろうし、これは早く取り掛からねば!と思ったことは今でも原動力になっています🔥

 

ーーーーー

私の恋愛?遍歴、パートナー探しのきっかけ、いかがだったでしょうか?

同性ばかりの環境歴が長く、セクマイ自認前は「恋愛はみんながするもの」という固定概念にもかなり縛られていたので、実はこれまでもいろいろと手を出してきたんです。

さて、次回はノンセク自認後にパートナー探しに向けてしたことを書きたいと思います!

 

 

 

【旅行きろく】名古屋での思い出

先日母と2人で名古屋に行ってきました🏯

目的はEXILEのライブだったんだけど、次の日に市内観光へ!

 

最近近代建築にハマってる私がたまたまGoogleマップでみつけた、
「文化のみち 二葉館」にも行ってきました

 

ステンドグラスとか渋い茶色の木の質感、円い出窓などなど、思い出のマーニーの世界にきたかのような雰囲気が素敵でした✨

 

途中、1人で来ていた大学生くらいの男性が母に「写真撮ってもらえますか?」と話しかけてきて、母が「私は下手だから娘に頼むわ」といって、私が撮ることに。

あとで母に「きっと若い女性に話しかけられず、私に声をかけてきたんでしょうね」と話していて、そうだったのか!と☺️

 

エスチョニングではあるけど、いろんな気持ちでドキドキしながら話しかけてきた男性を思うと勝手に愛おしくなってしまった笑

【読書きろく】『万寿子さんの庭』黒野伸一

 

《あらすじ》

竹本京子、20歳。右目の斜視にコンプレックスを抱く彼女が、就職を機に引っ越した先で、変わり者のおばあさん、杉田万寿子(ますこ)に出逢った。
万寿子からさまざまないやがらせを受け、怒り心頭の京子。しかし、このおかしなやりとりを通じて、意外にも2人の間に、友情ともいうべき感情が流れ始めるのだった。
半世紀の年齢差を超えた友情が、互いの人生に影響を与えていく様を温かな筆致で描く感涙の物語。(小学館HPより)

 

社会人3か月目に突入し、最近は自分のやりたいことって何だろうと漠然と人生について悩むことがありました。

そんな中たまたまInstagramでみつけ、読んでみたのが今回ご紹介する『万寿子さんの庭』です📚

 

主人公・京子は新社会人。入った会社はいわゆる「ぬるま湯」。仕事は楽だけどこのままでいいのかという不安も感じていました。

隣人・万寿子さんは年配なのにまるで悪ガキのようないたずらをしてくるのですが、気が付けばお互い親友に。

京子の恋模様や二人のこれまでの人生など、お互い全く違うのに心を通わせていくストーリーがとても素敵でした。「年寄だから」と勝手な先入観を押し付けてくる人には冷たい万寿子さんの性格は自分にも似たものを感じて苦笑い...💦

 

お互いを大切に想い、自分の好きなこと、やりたいことにまっすぐに取り組む二人の姿や京子の心情がリアルに描かれていて、失礼ながら筆者が男性であることにも驚きました。

ガーデニング好きな私にはタイトルにある「万寿子さんの庭」も憧れました✨

 

ーーー

悩みが完璧に解消されたわけではないけど、「とりあえず好きなことやってみよう」と思わせてくれる作品でした!

自分軸だけじゃ生きられない!

この時期の柘榴の花って、タコさんウィンナーみたいでかわいい🐙


今回は社会人2ヶ月やってみて感じた「自分軸以外をもつ」ことについて書いていくよ〜


これまでありがたいことに自分の好きなことを勉強して、それを周りに褒められたり評価されたりして生きてきた私🙋‍♀️

でも社会人は自分の興味の強さは評価されず、、いかに評価する人(人事とか上司)に頑張っていることを認めてもらえるか、アピールできるかがものすごく大事らしい


人見知りで目立つのは好きじゃなくて、おまけに上下関係のはっきりした自分より上の立場の人と話すのが得意じゃない私にとっては、これが結構難しい!!

他の人に興味が薄いのも相まって、どうやってアピールすべきかよくわからない🙃

けど評価はされたいっ!


この1年は他者の目線っていうのをもっていける年にしたいなー

Q.恋愛に興味がなくなったのは”枯れた”のか🥀

会社にも慣れ、同期とも仲良くなったこの頃。

仲良くなるとなりがちなのが恋愛トーク🥺


私はクエスチョニングを自認しているけど、

ロマンティックアセクシャルに近い感覚かなと思ってます💕

3年前までは異性を恋愛的な意味で好きだと感じていたし、恋人が欲しい!という気持ちも人より強かったと思う


今は恋愛にマイナスなイメージはないし、素敵なパートナーがいたらなぁとは思うけど、異性との性的な関係には全く興味がないって感じかな!


そんな世間的には「恋愛経験が少ない」「若いのに恋愛への興味が薄い」私は、”枯れている”と言われることが多いんですよね!!

これは結構心外🥵

恋愛を人生の軸に置いていることはその人の自由だけど、自分の軸で他人を評価するのはいかがなものかと思いまっせ〜!なんて笑


会社に入って今までとは違う雰囲気の人たちと関わるようになって、これまで以上に恋愛の価値観が違う人と話す機会もあって、ある意味色んな発見ができてます