もらんの考えごと

等身大の私の今を気の向くままに。

【読書きろく】『万寿子さんの庭』黒野伸一

 

《あらすじ》

竹本京子、20歳。右目の斜視にコンプレックスを抱く彼女が、就職を機に引っ越した先で、変わり者のおばあさん、杉田万寿子(ますこ)に出逢った。
万寿子からさまざまないやがらせを受け、怒り心頭の京子。しかし、このおかしなやりとりを通じて、意外にも2人の間に、友情ともいうべき感情が流れ始めるのだった。
半世紀の年齢差を超えた友情が、互いの人生に影響を与えていく様を温かな筆致で描く感涙の物語。(小学館HPより)

 

社会人3か月目に突入し、最近は自分のやりたいことって何だろうと漠然と人生について悩むことがありました。

そんな中たまたまInstagramでみつけ、読んでみたのが今回ご紹介する『万寿子さんの庭』です📚

 

主人公・京子は新社会人。入った会社はいわゆる「ぬるま湯」。仕事は楽だけどこのままでいいのかという不安も感じていました。

隣人・万寿子さんは年配なのにまるで悪ガキのようないたずらをしてくるのですが、気が付けばお互い親友に。

京子の恋模様や二人のこれまでの人生など、お互い全く違うのに心を通わせていくストーリーがとても素敵でした。「年寄だから」と勝手な先入観を押し付けてくる人には冷たい万寿子さんの性格は自分にも似たものを感じて苦笑い...💦

 

お互いを大切に想い、自分の好きなこと、やりたいことにまっすぐに取り組む二人の姿や京子の心情がリアルに描かれていて、失礼ながら筆者が男性であることにも驚きました。

ガーデニング好きな私にはタイトルにある「万寿子さんの庭」も憧れました✨

 

ーーー

悩みが完璧に解消されたわけではないけど、「とりあえず好きなことやってみよう」と思わせてくれる作品でした!

自分軸だけじゃ生きられない!

この時期の柘榴の花って、タコさんウィンナーみたいでかわいい🐙


今回は社会人2ヶ月やってみて感じた「自分軸以外をもつ」ことについて書いていくよ〜


これまでありがたいことに自分の好きなことを勉強して、それを周りに褒められたり評価されたりして生きてきた私🙋‍♀️

でも社会人は自分の興味の強さは評価されず、、いかに評価する人(人事とか上司)に頑張っていることを認めてもらえるか、アピールできるかがものすごく大事らしい


人見知りで目立つのは好きじゃなくて、おまけに上下関係のはっきりした自分より上の立場の人と話すのが得意じゃない私にとっては、これが結構難しい!!

他の人に興味が薄いのも相まって、どうやってアピールすべきかよくわからない🙃

けど評価はされたいっ!


この1年は他者の目線っていうのをもっていける年にしたいなー

Q.恋愛に興味がなくなったのは”枯れた”のか🥀

会社にも慣れ、同期とも仲良くなったこの頃。

仲良くなるとなりがちなのが恋愛トーク🥺


私はクエスチョニングを自認しているけど、

ロマンティックアセクシャルに近い感覚かなと思ってます💕

3年前までは異性を恋愛的な意味で好きだと感じていたし、恋人が欲しい!という気持ちも人より強かったと思う


今は恋愛にマイナスなイメージはないし、素敵なパートナーがいたらなぁとは思うけど、異性との性的な関係には全く興味がないって感じかな!


そんな世間的には「恋愛経験が少ない」「若いのに恋愛への興味が薄い」私は、”枯れている”と言われることが多いんですよね!!

これは結構心外🥵

恋愛を人生の軸に置いていることはその人の自由だけど、自分の軸で他人を評価するのはいかがなものかと思いまっせ〜!なんて笑


会社に入って今までとは違う雰囲気の人たちと関わるようになって、これまで以上に恋愛の価値観が違う人と話す機会もあって、ある意味色んな発見ができてます

新卒社員、悩む。

入社して早一ヶ月。

入社した会社はIT企業の研修では、これまで縁もゆかりもなかった分野の勉強に追われる毎日で頭フル回転!

でも就活で興味を持っていた分野だし、勉強すればするほど知らないことがたくさんあって楽しかったりもしています。


ただここで問題が1つ。

それは「新卒社員はどこまで質問していいのか」ということ。

学生生活では分からないことがあれば先生にきく、というのは当たり前だったし、先生は学生の質問に答える責任があると思っていました。

だからどんな些細なことだも自分が納得できるまで質問攻めにしていました(先生方ありがとう😢)


でももう社会人。

「何か質問があれば気軽に」なんて先輩社員は言うけれど、知識の差があるのもよーくわかっているからこそ迂闊に質問していいものかと悩みます。

もちろんまずは自分で調べて勉強するけど、どうしてもわからない。詳しい同期に聞いてもわからない。

ここまできて思い切って質問してみようかな、と思う。


けど次の問題は「誰に聞けばいいのか」ということ。

研修にはそれぞれの分野に詳しい先輩社員が登壇しているけど、自分の質問内容に詳しい人が誰なのかわからず、誰に聞けばいいのかわからない!!


で、結局きけない。

中高から先生を質問攻めにしまくってきた私にはこれが地味にツラいしキツい😭

接客バイトで学んだこと🌸

先日、約4年間勤めたアルバイト先を退職しました🌸

駅近のお惣菜屋さんチェーン店で接客の仕事をしていました。


4年間も続けるとは思ってなかったけど、働き方、立地、人に恵まれて気がつけば卒業を迎えていました…!!!

今回はこの4年間の接客バイトで学んだことを書いておこうと思います✏️


——-

1.自分のテンションでお客さんの雰囲気も変わる


これはアルバイトをしていて常々感じていたことなのですが、面白いくらいに自分のテンションでお客さんの雰囲気が違うんです!

例えば次の日に楽しみな予定があって自分もワクワクしている日は、お客さんも心なしか明るく陽気な方にあたることが多かったです♡

逆に、売上をとるぞー!と思ってひたすらテキパキ接客をしているとお客さんは無愛想だったり、急かしてきたりする方が多かったです😅


同じように丁寧な接客を心がけていても、自分の気分はオーラとか仕草としてお客さんに伝わるんだな、と感じました。

お陰様でとくに最後の1年間は顔見知りのお客さんも多くでき、お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら働くことができました✨


2.小さなことにも感謝を伝える

バイトの同期に天使のように明るく優しく、どんなことにも「ありがとう」と言ってくれる人がいます

この人とシフトに入ると本当に良い気持ちになるし、心のトゲトゲまで癒してくれます🌷


そんな同期を見習い、やって当たり前の業務でも必ず気がついたら「ありがとう」と言葉にするように心がけていました。

すると先輩後輩、社員さんとの関係がそれまで以上に良くなり、逆に自分が感謝される機会も増えました!

最後の出勤では親しくしてくれた同期や異動した社員さん、後輩が会いに来てくれたりメッセージをくれたりして、本当に嬉しかったです✨


4年間同じ職場でも新しく覚えることは常にあったし、とても成長できたと思っています!

この4年間の学びを社会人になっても活かしていきたいと思います!

平和の器に🕊

今夜はきっとよく眠れない。

ロシアがウクライナへの侵略を始め、多くの死傷者を出している。

それなのに私の日常はなにも変わらなかった。

それが怖い。SNSの発達でこんなにも身近に戦争の脅威を感じているのに、何も変わらないのだ。

—-

カンボジアに行ったとき、カンボジア人にトゥールスレン虐殺博物館を案内してもらったことがある。

1975年、ポルポトによる大量虐殺を行う強制収容所であったトゥールスレン。案内してくれたカンボジア人は自分の家族や親戚がポルポト率いるクメールルージュによって虐殺されたことわ語ってくれた。

当時の狂気をまざまざと見せつけられ、胸をえぐられるような苦しさと虚しさ。そして私の大切な恩師であるそのカンボジア人に深い傷を残すカンボジアの悲しい歴史を前に言葉を失った。

 

あのとき、戦争や争いがいかに多くのものや人を傷つけるのか目の当たりにした。

こんなこと、絶対に繰り返してはならないと何度も何度も胸に刻んだ。

それなのに今日、ロシアはウクライナへの侵略をはじめ、戦争がはじまった。

 

自分にできることがわからず、ただただその事実に涙を流し、胸が苦しくなっている。

 

だからせめて祈りたい。

主よ、わたしを平和の器とならせてください。
  憎しみがあるところに愛を、
  争いがあるところに赦しを、
  分裂があるところに一致を、
  疑いのあるところに信仰を、
  誤りがあるところに真理を、
  絶望があるところに希望を、
  闇あるところに光を、
  悲しみあるところに喜びを。
ああ、主よ、慰められるよりも慰める者としてください。
  理解されるよりも理解する者に、
  愛されるよりも愛する者に。
それは、わたしたちが、自ら与えることによって受け、許すことによって赦され、自分のからだをささげて死ぬことによってとこしえの命を得ることができるからです。
聖フランシスコへいわのいのり

【感想】恋するパッケージツアー🇫🇷

 

2022年最初の完走ドラマでした!

BSフジ放送の韓国ドラマ『恋するパッケージツアー』🇫🇷

 

 

《あらすじ》 

ソソはフランスに住むツアーガイド。大学時代に恋人と共にフランスにやってきたが、恋人と別れ、ひとりフランスで生きていくためにガイドを始めるようになった。ある日、ソソは“フランスプレミアムパッケージ”のツアー観光客を担当することに。ツアーのメンバーは、一人で旅行に来た男、交際10年目のカップル、旅行の間ケンカばかりする熟年夫婦、そして不倫疑惑の男女まで、ひと癖もふた癖もありそうな客ばかり。その中でも、一人で参加しているマルは要注意人物。出発前に彼女とケンカして結局一人で旅行に来たというが、ツアー初日からグループに迷惑をかけっぱなしだ。ところが、マルがソソを追いかけてきた韓国からやってきた謎の男からソソを助けることに。これをきっかけに二人の距離に変化が…(公式HPより)

旅行好きだし、海外旅行添乗員の話って先日感想をアップした小説『たまごの旅人』とも似ていて面白そう!と思い観ていました〜♡

 

このドラマ、本当に泣けるしトキメクしほっこりするしでおしまいもうめっちゃ良かった!!!

ツアー参加者それぞれに物語があって、美しいフランスの街並みも楽しめました✨

号泣ポイントも挙げはじめたらキリがない!!

いつかフランスに行くことがあったら渡航前にもう一度見返したい!と思う素敵なドラマでした