もらんの考えごと

等身大の私の今を気の向くままに。

Q.初めて自分のセクシャリティを考えたときのはなし。

f:id:akagonsea:20220222222450j:plain

今回は私が自分はクエスチョニングだ!!と気付けたエピソードを書いていきます✏️

 

大学生になるまで、自分は「異性愛者」であり、いずれは男性と結婚して子どもも、、!と夢見ていました。

というより、それが「普通」で自分が「普通」ではない、なんて考えたこともありませんでした。

 

その後大学生になって、貴重なことに私に自分のセクシャリティをカミングアウトしてくれる友人と出会いました。

レズビアン、ゲイ、ノンセクシャルなどなど。

そしてあるゲイの友人に言われました。

「普段一緒に遊ぶのは同性でしょ?同性の方が趣味も合うし、考え方も似ていることが多い。

だから、自分から見たらなぜわざわざ異性を好きになるのか分からない」と。

 

その時受けた衝撃は忘れられません。

だって私は女友達が大好きで、韓ドラやガーデニング、長い時間のおしゃべりのような女性が好みがちなことが好き。女友達と遊ぶほうが気楽で楽しいではないか!!

なのになぜ男性のみをパートナーの対象と見ていたんだろう??

 

こう思った時点で私は100%の異性愛者ではないのかもしれません。

あまりにも自然に世間の「普通」を受容しすぎて、それを疑ったり理由を考えたりすることなんてありもしませんでした👀

 

そしてその友人からの問いに自分なりの答えを見つけられないうちは「クエスチョニング」を自認しようと思うに至ったわけです😂

 

それからは性のこと以外にも「普通」という言葉をなるべく避けるように心がけています♪

「普通」という言葉で考えなきゃいけないことに気が付かなくなったり人を傷つけたりしたくないから!!

 

—-

今回は私が「クエスチョニング」を自認した経緯について書きました✨

私は自分のセクシャリティがわからないことを全く恥ずかしいとも思っていません!むしろ、よく気がついたぞ自分!!って思ってます笑

 

これからもこんな私のセクシャリティを探す旅を書き留めていきたいと思います🍃

都会出身者の一人暮らし問題

f:id:akagonsea:20220221221135j:plain

先日、地方出身の大学の友人Aとよなよな語り合う機会がありました。

Aは大学進学と共に上京、一人暮らしを始め、今では実家よりもライフスタイルやインテリアも好きにできる一人暮らしを謳歌しています♪

一方の私は実家が都心から電車で1時間かからないところにあり、3歳年上の姉とともに生まれてこの方ずっと実家暮らしです🏠


社会人になるにあたり、勤め先によっては4月から一人暮らしを始める友人もいます。

が、私はオフィスも実家からアクセスが良いため実家を出る予定はまったくありません。


25歳になった姉は周りから「一度は実家を出て自分で生活をするべきだ」などとよく言われるそうです。(人の人生に口出すな!って感じだけど!!😂)

私のように都会出身で進学や就職などの節目でも家を出る必要がなかった場合、友人やパートナーとの同居や結婚以外、基本的に自分で「今だ!!」と決意しない限り実家を出ることはありません。

もちろん家族仲も重要です。

私は基本家事は好きだし、実家でもそれなりにやっています。インテリアも自分の好きなようにしたいな〜とも思います。

でも家族が好きだし、人生長い目で見ればこんなふうに家族みんな健康で週末はお出かけなんかしながら過ごせるのはわずか。

そう考えると世間体や今の環境でも叶えられそうな自分の理想のために実家を出ようとは思わないんです。


何をもって「自立」なのか。

人によるとは思うけど、とりあえず実家を出る以外で自分なりに見つけないとなと思う今日この頃です。

はじめての結婚ラッシュ

f:id:akagonsea:20220214193208j:plain

卒業を前にバタバタとしていてブログの更新が滞っていた…😱😱


なんか書くことあったかな〜と思って、22歳にして初の結婚ラッシュを感じている話を書いておこうと思いました!

といっても、同級生とかではなくて3つ上の姉の周りが結婚しはじめたわけですが。笑

一般的に24-25歳、30歳前、35歳前と3回結婚ラッシュがあるようです。特にこの第一次結婚ラッシュは学生時代から交際していた人が結婚するらしく、たしかにそうだなーと感じています🤔


人生のパートナーと巡り合い、一生涯添いとげることを決める…

とってもめでたいことだけど、やはり周りの人は焦るわけで。「自分は結婚できるのだろうか」「自分は出産や子育ても遅れてしまうのだろうか」などなど。。。

特に第一次結婚ラッシュは長く付き合っていた人たちなので周りのお祝いムードも羨ましい🥺


例に漏れず私も焦りを感じています…

今年こそいい出会いに恵まれますように🙏

【都内さんぽ】vol.2 蔵前 〜昔と今が交差するまち〜

f:id:akagonsea:20220204000709j:plain

都内さんぽシリーズ第2弾は【蔵前】です🌱

蔵前は東京都の東側、スカイツリーで有名な墨田区のお隣の台東区に位置するエリアで、上野や浅草に隣接しています

行く前に調べていたところ、おしゃれなカフェや雑貨屋さんが立ち並ぶことから、どうやら一部では『東京のBrooklyn』なんて言われているようです…!!

 

そんな蔵前のもらんコースはこちら↓

お昼:蔵前駅出発🚃

ランチ@結わえる本店

国際通り

①ウグイスビル散策(雑貨など)

 ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前(チョコレート)

 Nakamura Tea Life Store(茶葉)

NOCE(家具)

⑤菓子屋シノノメ(焼菓子)

⑥文月(衣服)

ペリカン(パン)

⑧from afar(カフェ)

⑨道具店Nobuei(食器)

⑩チェドックザッカストア(チェコ雑貨)

→浅草エリアへ

⑪浅草文化観光センター(展望台)

浅草寺

 

コースを見ていただければわかるように

蔵前、いいお店ありすぎです🎈🎈

正直半日じゃ回りきれなかった..!!!

古い建物をリノベーションしたお店が多く、素敵なセレクトショップばかりでした♡

ただ、そのぶん若干入りにくさもありましたが、入っちゃえばお店の方も気さくで楽しかったです♪

 

特におすすめは「⑩チェドックザッカストア」

チェコをはじめとした東欧のヴィンテージ雑貨がたくさんあり、ヨーロッパの蚤の市にいる気分で心ときめく雑貨を探す時間が至福でした🪆

 

蔵前エリア、注意点は【支払い現金のみ】が多いこと!

キャッシュレス決済ができないお店が多かったので要注意です⚠️

 

まだまだ行きたいカフェやショップがあったので、また行ったら紹介します!

セクシャリティを話したい!

f:id:akagonsea:20220124011821j:plain

『おいハンサム‼︎』に引き続き、NHKドラマ『恋せぬふたり』、こちらも1話から観ています。

でも色々思うことがあって言葉にして綴れずにいました。。。

というのも、私のセクシュアリティはたぶん「クエスチョニング」だからです。

 

エスチョニングとは〈自分の性のあり方がよくわかっていない状態のこと〉だと思っています🙌

私は性自認は女性で、他人に恋愛感情を抱くこともあります。でも好きになるのは男性だけなのか、性的感情は抱くのかがよくわかりません。

 

『恋せぬふたり』でいうなればノンセクシュアルに該当しそうだけど、結婚願望もあるし、子どもだって欲しいです。(こういうのもノンセクシュアルに含まれるのかな?)

 

中高生のころ何度か痴漢被害に遭ったことが理由なのか、男性から性的な対象としてみられることに激しい嫌悪感を抱きます。普段は平気なフリしてますが、男女問わずから性的な話題を振られるかもイヤです。

 

とは言いつつ、友人に恋人ができたことに焦ってマッチングアプリを使っていたこともあります😂

何度かチャンスはあったけどお付き合いに踏み出せなかったのは、「性的対象」「性的好意」が自分に向けられるのが耐えられないと感じるからだったと思います。

 

詳しい話はおいおい書きたいと思うのですが、今回はなぜこのことを書くことにしたのか綴っておきます。

それはズバリ「自分のセクシュアリティを模索する冒険」をスタートしようと思うからです🚩

 

私はこれまでの人生圧倒的に女性比率の高い環境にいたのですが(無意識に自分で選択していたのかも?)、4月から男女1:1の環境に身を置く予定です😳

これを機会にセクシュアリティについて悩む、というよりは「自分のことをよく知って、自分の幸せの形を見つけるぞ!」って言う気持ちで冒険に臨んでいます💪🔥

人生の記録として書いているこのブログでは「Qちゃん」(クエスチョニングの頭文字から!)というカテゴリーで冒険の模様を書いていきます!

 

頑張りすぎず悩みすぎず、気楽に楽しく冒険していきますね!ボンボヤージュ⛵️

 

 

【感想】おいハンサム‼︎ 第3話


www.youtube.com

《あらすじ 第3話》

源太郎(吉田鋼太郎)は大森(浜野謙太)と渡辺さん(太田莉菜)が仕事の途中に買ったというシジミに触発され、恋に悩む長女・由香(木南晴夏)に「貝を買いなさい」とアドバイスする。

次女・里香(佐久間由衣)は夫の大輔(桐山)への不満をつのらせる一方、主婦として冷蔵庫の食材を効率よく使いきれるか悩む。

三女・美香(武田玲奈)は運命の出会いをした学(高杉真宙)といい雰囲気になりつつも、かすかな違和感を覚え始める。

源太郎は冷蔵庫のすみっこにある「残り7センチのネギ」が象徴する限りある時間、限りある人生について妻・千鶴(MEGUMI)に打ち明ける。(公式HPより)
 
このドラマ、1話から観ていてすごく好きなんだけど、
ストーリーとか好きなところを言葉にするのが難しい...笑
とにかくダメ男ばっかり引き寄せてしまう3姉妹と、娘に人生の教訓を説くハンサムなお父さんのお話(?)です🍵
 
第3話のテーマ「やり残してこその人生」!
これがバシバシ刺さりました💘
コロナで夢に見た留学に行けず、大好きな旅行にも行けず、気になっていた旅行や航空業界の採用は中止になった私の大学生活。
何度も何度も「このまま卒業していいのかな?」「後悔しないかな?」と考えてきました
立ち止まって満足いくまで大学生活を続けるのもきっと良かったと思います
でもやり残してもとりあえず前を見て進んでみる。進んだ先にはそれはそれでいい未来が待ってるし、自分でつくっていける。
だから過去のやり残しに囚われず、前に進んでいこうと思えた第3話でした♡
 
今度貝、買ってみようかな...?笑
 

【感想】愛はビューティフル、人生はワンダフル 34話

1週間あいちゃいましたが、韓国ドラマ『愛はビューティフル、人生はワンダフル』34話の感想を書いていきます✏️

 

《34話あらすじ

ユラとチョンアは重苦しい気持ちで最後の時間を過ごし、別れのあいさつを交わす。ソラはアナウンサー復帰に干渉しようとしたジヌに怒り、ジュンフィはチョンアがジュンギョムの時計をはめているのを見て思わず腹を立る。代役のMCを務めた朝の番組が好評を得たソラは、メインMCとして番組を続けないかという提案を受けて喜び、付きまとうジヌを振り払ってテランに会いに行く。一方、ユラはある人物の連絡先を手に動揺していた。

 

ついに全55話の折り返しにきてストーリーの流れが変わり始めました😳うまく行っていた関係が徐々に追い込まれていっています…

 

まずはチョンア&ユラ(ジャンフィ母)

良い関係を築いていたけど、このままチョンアを過去に縛り付けてはいけない、ということで2人の関係を終わらせることに。チョンアがユラに渡した手袋のプレゼント、泣けました😭

…と、ここまではよかったのですが!

ジュンギョムの遺品である腕時計をはめたチョンアにジュンフィが大激怒!母親であるユラにも「いつまでチョンアを縛るつもりだ!!」と怒鳴っていました😖

 

続いてソラ&テラン

ソラに怒られるたびにニヤニヤしてしまうドMのジヌに阻まれて2人の関係にも亀裂が⚡️

さらにはテランの父による反対も相まってついにはテランが「一度離れて過ごさないか」とソラに提案していました…

 

本人が望む関係でも、家族の理解がないとうまく行かないと言うのはなんとも辛い😔

今週はチョンアとジャンフィの関係が明るみに出て、大混乱の予感!!